いぬと暮らす

犬とタクシーに乗ることはできる?同乗の手順や注意点も解説

「犬と一緒にタクシーに乗ることはできる?」
「乗車前に知っておくべき手順は?」

犬と一緒に目的の場所まで移動する時、緊急で動物病院に向かう時など、タクシーを使いたい場面も多数あるのではないでしょうか。

この記事では、犬とタクシーに乗るための手順や事前に知っておきたい注意点などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

犬とタクシーに乗ることはできる?

そもそも犬と一緒にタクシーに乗ることができるのか不安に思うかもしれません。

結論として、基本的に犬とタクシーに乗ることは可能です。しかしタクシー会社によって乗車ルールが異なる上、運転手によっては乗車を断られる場合もあります。

安心なのは大手タクシー会社

個人タクシーは特に運転手によって対応が異なるため、安心なのは大手タクシー会社を選ぶことです。

タクシー会社としては犬との同乗を可能としていても、運転手が犬アレルギーや苦手意識を持っている場合は乗車を断られてしまう可能性もあります。

そのため、迎車の手続きをするタイミングなど、事前に犬と同乗する旨を伝えて可能な運転手を手配してもらったり、詳しい乗車ルールを確認することで、より確実に同乗することができます。

利用を断られる場合もある

乗車ルールを守ったとしても、利用を断られる場合もあります。

例えば、タクシーに乗り切れないほどの大型犬は利用することができません。事前に伝えることでワゴンタイプのタクシーを手配してくれることもありますので、相談しておくと良いでしょう。

また、運転の妨げになるほど暴れてしまったり、明らかに汚れていて不衛生な場合なども利用することができないので注意が必要です。

犬とタクシーに乗るための手順

無計画にタクシーを呼び止めても乗車できないことがあります。そのため、犬とタクシーに乗ることが決まったら事前に問い合わせ、「犬と同乗する」という旨を伝えておくとスムーズです。

ここでその手順を説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

タクシー会社に問い合わせる

犬とタクシーに乗ることが決まったら、出発地の地域にあるタクシー会社を調べます。

多くのタクシー会社では迎車予約のための電話番号が載っていますので、そちらに電話をかけます。迎車を手配する場合は迎車料金が追加でかかってしまいますが、闇雲に呼び止めるよりも確実に犬と同乗ができるためおすすめです。

電話をかけたら出発地と目的地、出発時間を伝えますが、その際に犬と同乗する旨を伝えましょう。犬のサイズとキャリーに入っているか否かを伝えるとより安心です。

必要グッズを準備しておく

犬とタクシーに乗る前に、必要なグッズを用意しておくと良いでしょう。

車酔いが激しい犬は乗車前に酔い止めを飲ませておくと安心です。また、犬が体調を崩してしまうことや想定外の粗相の可能性もありますので、ウェットシートやトイレシート、消臭袋なども用意しておくとより安心です。

乗車の際に運転手に確認を取る

タクシーが到着したら、念のため運転手にも犬と同乗することを伝えましょう。

迎車の場合はタクシー会社から共有されているはずですが、実際に犬と一緒に乗ることに問題がないか再度確認を取ると丁寧です。

乗車中は様子を気にする

犬にとって車に乗ることは慣れない環境でもありますので、走行中に暴れたりしないか、体調に異変がないか、常に犬の様子に気を配ることが大切です。

運転手の気が散ることで事故に繋がる恐れもありますし、急ブレーキなどで犬が怪我をしてしまう恐れもありますので、十分に配慮しましょう。

犬とタクシーに乗る前にしておくべきこと

犬とタクシーに乗る前にしておくと良いことについてご紹介します。

キャリーやクレートに入れる

犬とタクシーに乗るときは、なるべくキャリーやクレートに入れましょう。タクシーを汚してしまうリスクも無いですし、車内の揺れで体をぶつけてしまうのを防ぐことができます。

体調面や準備不足などでどうしてもキャリーやクレートに入れることができない場合は、飼い主が抱っこ紐のように身体を支えることのできるスリングバッグで代用することも方法の一つです。

それも難しい場合はタクシー会社や運転手に相談し、可能であればなるべく安全な形で抱き抱え、危険のないように配慮しましょう。万が一の事故で身体が飛ばされてしまうリスクもあるため、リードをどこかに引っ掛けるのはNGです。

事前にトイレを済ませておく

乗車中に粗相でタクシーを汚してしまうのは何としても避けたいため、事前に散歩に連れ出してトイレを済ませておくと良いでしょう。

また、オムツやマナーベルトを着用しておくと安心です。用意が無い場合は、トイレシートを腰に巻き付けておくのも一つの手。一般のタクシーに犬と乗るときは、車内を汚すことがないように最善の配慮をすることが大切です。

安心なのはペットタクシー

犬とタクシーに乗ることはできますが、本来そのために配慮された車ではないため、事前の準備や配慮が大切になります。

よりスムーズに犬とタクシーに乗りたい場合は、ペットタクシーを利用するのがおすすめです。あらゆるペットが乗車することに配慮して作られたタクシーですので、キャリーに入っていない状態でも乗車はもちろん、ペットだけでの乗車も可能です。

犬のワクチン接種や狂犬病予防が必要ですが、通常のタクシーよりも安価で乗車することができたり、緊急時の動物病院を登録することもできますので、ぜひチェックしてみてください。

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /export/user/0/zjp_4108b0/live_0b13c9/var/wordpress/wp-content/themes/jin/cta.php on line 8 Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /export/user/0/zjp_4108b0/live_0b13c9/var/wordpress/wp-content/themes/jin/cta.php on line 9